ひな先生の日記

日々の健康について綴っています

タイトルイメージ
用紙top 東洋医学の考え方に基づいた、日々の暮らし方や病気の治し方などを、イラストを交えて紹介していきます(*‘ω‘ *)

移転先の詳細です

こんにちは。毎日寒い日が続きますね。

ようやく移転先へのご案内ができました!

 

 

〒063-0051  札幌市西区宮の沢1条4丁目11−8

地下鉄:宮の沢駅1番出口から徒歩10分

バス:宮の沢1条4丁目から徒歩3分

   発寒6条13丁目から徒歩2分

 

近隣が区画整理中のため、グーグルマップの地図も

多少変更があると思います。ご注意ください。

 

ハガキそのまんまの赤い家になります。駐車場は

1台〜2台(冬は1台分になります)ご用意して

おります。定休日は変わらず「火曜・水曜」です。

 

完全予約制で、ご予約はHPのお問い合わせフォーム

又はお電話(080-4011-4685)かメール

(info@hinahari.com )またはLINEにて

お待ちしております。

 

以前からやりたいと思っていた各種イベント

(講座や個展、LIVEなど)も企画したいと思って

おります。薪ストーブのある鍼灸院は珍しいと

思いますが、皆さんに楽しんで頂ける場所で

あり続けたいと思います。

 

*ひなはり灸治療院*

 

記事区切り

移転のお知らせ

 

 

札幌はここ最近、涼しい日が続いていますね。

北海道らしい暑さといった所でしょうか。

 

さて、この度「ひなはり灸治療院」はこの11月に

移転することになりました。場所は宮の沢方面です。

 

まだ詳しい住所はお伝えできないのですが、

10月末あたりで二十四軒での診療を終える予定

ですので、ご近所で治療をご希望の方はこの機会に

お早めのご予約をお待ちしております。

 

関西での診療を含めると、開業して15年。

幾度となく店を移転しては患者さん達にご迷惑を

おかけして申し訳ありませんでした。

ようやく根を張って診療に取り組める場所を

見つけ安堵しております。

 

また詳しい場所や診療については、追って

ホームページや書面でご案内させて頂きます。

次の店舗は少し駅からは遠くなりますが

(徒歩10分ほど)駐車場は完備しております。

 

急なお知らせになりましたが、今後ともどうぞ

よろしくお願い致します。

 

*ひなはり灸治療院*

 

記事区切り

季節の変わり目、お疲れですか

 

 

ゴールデンウィークの暑さからの気温の変化に

体調を崩されている方が多いですね。気温の差が

激しいために、毎日の服装や体温調節が難しい

この時期が「季節の変わり目」です。

 

朝晩の気温差に加え、日ごとに変わる気温や気圧は

体に大きく作用します。体を一定に保つために、

自律神経はフル活動。自分で意識せずとも毎日同じ

ように過ごせるのは、自律神経の働きのおかげです。

 

ただ、いつもより多く働いているこの神経も

もちろん疲れてきます。このため生じるのが

「自律神経失調症」。病院で測る数値には現れ

にくいために、なんとなくだるい、眠い、めまいが

するなどの症状が出ていても処方できる薬があまり

ないのが現状かもしれません。

 

そのため、体が疲れきっている時は簡単に感染症に

かかります。季節外れのインフルエンザ、アデノ

ウイルス、ヘルペス、水疱瘡などなど。

 

そういった時はまず抗生剤などの薬で菌を倒して

から、あとはゆっくり養生することが大切です。

薬を飲んでもすぐに回復しないのは、そもそも

体が疲れている証拠。高熱や痛みなどの症状が

治ったら、次は漢方や鍼灸での治療が早く治ります。

 

6月といえど、自分が寒いなと思ったらしっかり

体を温め、時には暖房をつける事も大切です。

弱っている時なんかは気温に関わらず寒気が

するのが当たり前。今年は気温の変動が激しく

調節が難しいとは思いますが、何かあればお気軽に

ご相談くださいませ。

 

*ひなはり灸治療院*

 

記事区切り

しましまくん

 

治療の際、膝上まで足を出してもらうのですが、

うちで貸し出しているズボンと、全く同じ柄の

組み合わせになって思わず記念撮影。

 

 

しばし爆笑の時間となりました。

 

*ひなはり灸治療院*

記事区切り
用紙bottom