ひな先生の日記

日々の健康について綴っています

タイトルイメージ
用紙top 東洋医学の考え方に基づいた、日々の暮らし方や病気の治し方などを、イラストを交えて紹介していきます(*‘ω‘ *)

天然アロマの虫除けスプレー

 

今日は天然アロマの虫除けスプレーの

ワークショップのご案内です。

 

当院の待合室に置かれているアロマグッズ。

こちらの「アロマ香房なごみーる」さんが

6月に宮の沢や札幌ファクトリーで

手作りワークショップを催されます。

 

ぜひお友達とご参加ください♪

 

なごみーるさんのアロマは既存の香りとは

違って、雑味がありません。アロマの持つ

様々な効能にも精通しており、体を温める

ためのアロマや気を巡らせるものなど色々。

 

今回のワークショップにある虫除けスプレーは

当院でもとても重宝しています。頭からミストを

振りかけるだけで虫があまり寄って来ず、玄関前に

振りまくと扉からの侵入も減った気がしています。

 

小さいお子さんや、肌や匂いに過敏な方で

虫よけスプレーの香りが苦手・成分でかぶれ

やすい方にとてもお勧めです。

 

お値段もお手頃なので、プレゼントにも♪

 

他にもなごみーるさんの無添加・手作りの

塗って香るロールオンアロマや、みつろうの

保湿たっぷりリップなど、実物やテスターが

色々と展示してありますので、気になる方は

是非お声かけしてくださいませ。

 

*ひなはり灸治療院*

 

記事区切り

冷えを放置せず温めましょう

 

ここ最近は寒い日が続いていますね。

季節外れのインフルエンザや風邪が流行っています。

冷えによる持病の悪化も多く、元気!という人の

方が少ないのではないでしょうか?

 

冬の時ほどしっかり防寒しないこの時期は

体が冷えやすい時かもしれませんね。

「明日には暖かくなるからいいや」と言って

冷えた体を放置しておくと、後々の体調不良に

つながります。

 

実際、当院にも「1週間前から痛みが増した」と

聞いて調べてみると、その日あたりから

冷え込んだことが多いものです。

 

 

冷えは一度体の中に入ると、ちゃんと温めたり

しない限り「寒邪」として体内で色々な症状を

引き起こすと東洋医学の世界では考えます。

 

この寒邪を追い出すのによく聞くのが

「葛根湯」ですね。寒気がした時に飲むと、

体の表面にある寒邪を追い出してくれる

わりかし手軽な漢方です。

 

漢方のような薬を使わずとも、葛湯や

生姜湯、白湯などの体を温めるものや

カイロを貼ったり着込んだりと冷えから身を

守る術はたくさんあります。

 

昔ほどあまり冷えに対してうるさく言われなく

なった現代ですが、その代償か、冷えをこじらせて

様々な病気が多くなってきた気がします。

 

女性の子宮にまつわる疾患もそうですね。

中学・高校生時代に体を冷やしすぎた結果

若くして子宮内膜症や子宮筋腫、チョコレート

嚢腫、卵巣嚢腫、不妊症などなど、多くの

トラブルを抱えている方が多いです。

 

その昔おばあちゃん世代の人が「女の子は

体を冷やしちゃいかん!」と言っていたのは

迷信ではなく、東洋医学的にはとても意味ある

健康法だったように思います。

 

実際、体をちゃんと温めて冷えを取り除く

ことで病気や痛み、様々な症状が軽減することが

多々あります。長く病んでいる方も、まずは

温めることをはじめてみませんか?

 

温め方がわからない、どうしたら温められるのか

などはぜひご相談ください。その人に応じた

温め方も丁寧にお教えしております。

 

*ひなはり灸治療院*

 

記事区切り

天井に食パンマン

 

当院のベッド上には、お灸のための換気扇が

設置してあります。診療日の後半にもなると

だんだんとお灸のヤニで茶色くなってくるのが

嫌なので、茶色くなってもいいような(?)

キャラクターを描いてみました。

 

爽やか推しの食パンマンです。

彼が茶色くなっていいかどうかは別として

美味しい色合いになるのではないかと思いました。

 

ちょこちょことネタになるようなものを

描いていければなぁと思います。

 

*ひなはり灸治療院*

 

記事区切り

東洋医学のマニアックな話

 

 

ここ最近、東洋医学に興味を持ってくださる方が

多くいて嬉しい限りです。現代医学では治すのが

難しいとされる病気が、実は東洋医学の得意

分野だったりする事が多々あるんですよね。

 

かくいう私も、幼少期から体がボロボロだった

にも関わらず、今はおかげ様で元気に生きて

おります。鍼灸や漢方さまさまです。

 

今日は少しマニアックなお話を。

よく東洋医学には病名はないのですかと

聞かれますが、ちゃんと存在しています。

ただ、現代医学には馴染みのない名前や

病気に対しての考え方が全然違うので

言っても「?」になるのが難しいですね。

 

東洋医学でいう病名は「証」と

言います。この証を立てるために、脈をみたり

お腹・舌・足・目など色々な部分を触ったり

するわけです。定義としては「疾病の進行過程で

発病因子および他の関連する諸因子の作用が体に

生じさせる、総合的な臨床所見」でしょうか。

 

よくいう「病」というのは、疾病の発生・発展

から結末にいたるまでの全過程を反映したもの

ですが、「証」は厳密な段階性があり、それぞれの

段階に異なる証が現れるものです。この証がうまく

立てられ、それに合わせて適切な治療を組み合わせ

ることができるようになるのが理想ですね。

 

漢方もそもそもはこの「証」によって出される

お薬です。医者が出す漢方で時にハズれる事が

多いのは、この「証」とは違う「症」(症状)で

出しているからですね。脈も舌もお腹も診ないで

漢方を出すのはどうかな・・と思う事もあります。

 

東洋医学をかじっていると少なからず耳に

するのは「陰陽五行学説」です。中国哲学に

基づいたこの考えは東洋医学を語るに欠かせない

要素ではありますが、あくまで基礎。

 

これと並行して、体質的要素、社会的要素、

心理的要素、自然的要素を加える事で、人の体に

影響する相互関係を総合的に判断し、証を立て、

その時にできうる治療をするのが東洋医学です。

 

証の立て方ですがざっと10種類。「平脈弁証」

「動態弁証」「症状相関弁証」「特徴弁証」

「症状比較弁証」「時相弁証」「仮象識別弁証」

「治療帰還弁証」「湯方弁証」「分型弁証」。

長くなるので割愛しますが、様々な情報を集め

る事が証に至るまでの道のりですね。

 

たまに陰陽五行論で行き詰まっている人を

見かけますが、東洋医学というのは五行だけ

ではないという事を知ってもらえればと思い

こんな話をしました。

 

目が悪ければ肝、耳が悪ければ腎、顔が黄色

ければ脾、色白なら肺、冬は腎臓がだけが弱る

というわけではありません。五行色体表だけで

証が立てられれば苦労はありませんね。

 

東洋医学で一番してはいけないのが、特定の

弁証に偏るという事だと思います。そもそもの

東洋哲学自体が、1つの事象を様々な観点から

見て把握することですから。細分化して

視野を狭くするのではなく、少し離れた所で

現象の流れを把握することの大切さを忘れ

ないでいてほしいです。

 

また、漢方や鍼灸だけが東洋医学ではなく、その

考え方によっては手術や抗生物質のような現代

医学に依存する事も大切だと思います。

少しマニアックになりましたが、こういう話が

好きな方もいらっしゃるかなと思いました。

 

本格的に東洋医学が勉強できるのは鍼灸の

学校ではないかと思います。しかし、臨床に

活かせる話となると難しい所ですね。こういった

マニアックな東洋医学講座もいずれできればと

思います。ありがとうございました。

 

*ひなはり灸治療院*

 

記事区切り
用紙bottom