ひな先生の日記

日々の健康について綴っています

タイトルイメージ
用紙top

「健康」カテゴリー

このカテゴリーの記事を一覧表示しています

■梅雨の湿気を少しでも楽に。

最近は蒸し暑かったり涼しかったりで、すっかり梅雨ですね雨

日本の梅雨もまた本来は風情あって良いものですが、最近は

豪雨や天災のニュースも多く、風情を楽しむどころじゃないですね犬?

 

この時期、梅雨ならではの体の症状が多くなっている気がします。

何となく「体がだるい」「熱っぽい」「やる気がない」等の症状は

ありませんでしょうか?

これらの原因は主に「湿気」かと思われます汗2

 

普段生活していると、暑い寒いには敏感ですが、湿気に関しては

多少鈍感というか、よほど蒸し暑くならないと感じないものです。

湿気が体に当たると、水分を含むかのように体が重くなり、汗が

蒸発しないので、熱がこもってダルく感じます。

 

これに加え、東洋医学の世界では湿気が胃腸の動きを悪くすると

考えられ、消化不良や軟便又は便秘、胃もたれ、そこから

肌荒れや、むくんだ感じが出るようになります。

普段から肩こりや首のこり、腰が強ばるなどの症状を持っていると、

湿気に当たることによってさらに悪化し、痛みが生じることがあります。

 

これらの症状が出たらどうすれば良いか。

ずばり「湿気」を取り除く事です。

 

「まだ早い」と言ってエアコンや除湿をしない事が多いですが、

体調が思わしくない時は、思い切って除湿をしたり扇風機を回した

方が体は楽になります。しかも、まだ気温が高くならずに汗を

かけないので、今が一番、体に熱がたまりやすくなります。

(汗をかきだすと、こういったダルい症状がマシになります)

 

冷えるのが嫌だという方は、温度を下げなくてもいいので、とにかく

湿気を取るだけでも快適に過ごせます。コツとしましては、

 

・扇風機を体に直接当たらない範囲で回して、風を通す。

・換気扇や除湿器かけて、湿気がこもらないようにする。

・除湿剤を部屋に置く。

 

等でしょうか。扇風機の風を直接体に当てると逆に風によって

体がダルくなるので気をつけた方が良いですね。

 

日本家屋は夏向けに出来ていると言いますが、それは湿気の

コントロールがとても上手なんですよ。

和室に入ってもらうと分かりますが、畳や障子(和紙)は、湿気を

吸ったり出したりと「調湿」作用があり、雨の日なんは障子紙が

波打っていますよね。あれは空気中の湿気を吸ってくれるので、

和室は思ったより湿気がこもらないように出来ています。

 

逆に洋間は湿気を吸ってくれるものがないので、日本のような

湿気の多い土地ではマメに除湿しないと、常にお風呂場にいるような

息苦しさを覚えると思います。

 

この時期、体調を壊すという方は「湿気」に注意してみると、少し

楽になるかもしれません。そして、ダルいからといって冷たい物を

飲みすぎると、それでなくても胃腸が湿気によって動いていないのに

冷やす事でもっと動きが悪くなっていきます。これにより、

絞るような肩の痛みが続いたり、何もしてないのにお尻が痛かったり。

これは皆、胃腸からくるものが多いんですよね。

 

いまの時期、梅がスーパー等に出回っていて、お酒にしたりシロップに

したり梅干しにしたり色々作れますが、胃腸には昔から「」が良いと

言われていますよね。

まさに今が旬。この時期に食べる梅は、胃腸の働きを活発にして

湿気や冷飲食から身を守る働きをしてくれます。

当院では最近、毎日のお料理に1つでも梅干しや梅製品を摂るのを

お勧めしています。それだけでも体の調子って変わるものですよペロリ

 

梅雨が明ければ次は夏。

夏が苦手という人も、冬が苦手という人も、その季節に見合った養生を

する事で、どの季節でも体調を崩さずに過ごす事ができます。

季節と共に過ごし方を変えるというのは、とてもな事。

梅雨時期を上手く乗り切って、毎日を少しでも快適に過ごして頂ければと

思いますハート

 

*ひな はり灸治療院*

 

記事区切り

■美容鍼灸。

 

女性はいつまでも美しく若々しくいたいものですよね。

男性が男であり続けるために譲れない何かがあるように、女性も

女であり続けるために、譲れない「美と健康」。

 

東洋医学の世界では、「健美」という言葉があり、健康と美容は密接に

繋がっていると考えられています。

西洋医学のように表面的な皮膚の美しさを追求するのではなく、鍼灸で

体全体を治療する事によって心身ともに健康な状態を作りだし、その結果

皮膚表面が健全で美しい状態になると考えられ、今ではWHOでも

鍼灸による美容効果が認められるようになりました。

 

近年アメリカでも代替治療としての鍼灸が注目されるようになり、

美容目的での鍼灸も人気が高まっています。

” 肌が白い、シミがない=美しい” とは限りません。

健康で生き生きとした表情や、艶のある肌を人は「美しい」と

感じるものです。

 

当院でも以前から治療としてお顔への鍼灸をしてきましたが、

(目が痙攣する、顔面の神経が麻痺している、顎の関節が痛む等)

特に症状がない場合でもお顔へ鍼灸をすると、不思議と表情が

綺麗になったり、シワが浅くなったり、お顔の血色が良くなって

その人らしい、健康的な肌で綺麗な笑顔が見られるようになりました。

 

お顔にも色々とツボがあり、そこを刺激すると顔の筋肉がゆるんだり

血行が良くなるため、様々な症状が改善されてきます。

ツボは色々あるのですが、多くは胃腸やストレスに関係する所が

多いのは、昔の人の経験からでしょうか、感心する事が多いです。

 

 

 

胃腸の働きが悪い時は、関係するツボの辺りの筋肉が固く強ばったり、

シミが多くなったりと、体と顔は密接に繋がっています。

 

当院では全身治療をされている方にはお顔への「美容鍼」を

無料でサービスさせて頂いています。

(当院ではお顔のみの鍼は、現在受け付けておりません。

 お顔の艶や張りは、体が健康な状態が土台となりますので、

 まずは全身治療でお身体を整える事をお勧めしております)

 

エステ等のようにオイルを使ったマッサージではなく、

鍼やお灸で顔の筋肉をほぐしたり、巡りを良くする事で、

固かった表情が柔らかくなり笑顔が綺麗になったというお声を

頂きます。

 

また、全身をトータル的に治療する事により、お顔の美容効果も

長続きする上に、その場限りの効果ではないのが特徴的です。

当院の鍼は「てい鍼」と言われる接触鍼のみなので、目の際や

奥の方の強ばりにも安心して治療を受けて頂けます。

実際に刺す針では内出血が起こりやすいですが(お顔にはたくさんの

毛細血管が走っているため)、当院の鍼やお灸ではその心配は全く

ありませんのでご安心下さい。

 

お顔でのトラブルは、化粧品や紫外線だけではなく、自分でも気付かない

体の不調から起こる事も多々あります。

「最初は美容目的だったのに、体も軽くなって毎日が楽になった」という

お声も頂いております。

月に1度くらいのペースでも、体の調子を整えていく事でお顔への

美容効果も上がり、結果的に何ヶ月か前よりも表情や血色が良くなったと

患者さんご本人や私も、そう実感できるようになりました。

 

女性として生まれてきたからには、やはりいつまでも美しく健康で

ありたいと思いますよね。

ささやかながら、そのお手伝いをさせて頂きたく、全身治療の方に限り

お顔への鍼灸をサービスしておりますので、ご希望の方はご予約の時に

お申し出下さいませ。

 

*ひな はり灸治療院*

 

 

記事区切り

■花1輪の効果。

 

今日は外に出てみると、ビックリするくらい春の陽気でしたね星

ちょっと前まで「何だか肌寒い」と言っていたのが、思わず

腕をまくってしまうくらい温かかったです犬?

 

やっと冬を抜けたなぁ・・・というわけで、玄関前の鉢植えたちを

春模様にしてみましたはな

 

春の花で大好きなのが「ラナンキュラス」です。

オールドローズに似た風合で、どこか日本の牡丹のような・・。

バラのように色んな色合いが揃っているので、出向くお店ごとに

違った色が楽しめるのが魅力的ですイシシ

 

切り花で買うとちょっと高いのですが、鉢植えで育てると

次々に花が出て来るので、ちょっとお得な感じ星

(1鉢で400円くらいでしょうか)

それを一輪挿しに生けるだけでも豪華な感じが出ます。

 

今現在、当院の玄関前はこんな感じですハート

 

 

手前にあるのがラナンキュラスで、奥にあるのがシソの香りがする

紫の小さい花・・・名前が出て来ないので、今度調べておきますねあせ

なかなか春らしい華やかな雰囲気が出て気に入っていますハート

 

生花を家に生けるというのは風水的にも良いとされています。

風水の考え方の原点は東洋的な思想であり、それはもちろん

東洋医学ひいては鍼灸や漢方医学にも当てはまります(`・ω・´)

 

赤ちゃんが家にいると、家中が明るい雰囲気になったり、生命に

満ちあふれているといった感じがしますよね?この力は弱った体の

回復力を高めたり、巡りをよくするといった効果が表れますおんぷ♪

 

これと同じように、生花を家に飾るというのは家全体の巡りを

良くすると同時に、人の体の巡りもよくするといった効果がある

のです音符 実際、生き生きとした花を見ると心安らぎますし

部屋の中に緑があると、心のしこりが少し取れる気がしませんか?

 

そしてポイントは常に「生き生きとさせる事」キラキラ

どんよりホコリをかぶったり、しおれそうな花ではなく、

赤ちゃんのように生き生きとした、ツヤのある状態を維持するのが

常に巡りを良くするコツでもありますぐっ

たくさんの花は管理が大変ですが、1輪でもこまめに変える事で

いい気・水の巡りが得られると思います音符

 

ちょうど今から、春らしい華やかな色をまとった花が並ぶ時期。

部屋の片隅に少し花を置いて、心にも春を迎えてみませんか犬?

 

*ひな はり灸治療院*

 

記事区切り

■体のメンテナンスを

 

まだまだニュースから目が離せない今日この頃。

東日本の方々、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

もうすぐ4月を迎えて、季節の変わり目に入りましたはな

日頃よくお話しているのですが、季節の変わり目に体調を崩すのは

主にその「気温差」によるものが多いんですね犬?

 

温かい日が続くなぁ〜と思って、コートやマフラーを脱いで

薄着になったら途端に寒くなって、風邪を引いたりあせ

今時期に多いのは、「寝違え」「鼻風邪」「筋肉のひきつり

まぶたが震える」めまい」「のぼせ」など、春特有の

上半身に症状が出るものが多かったりします。

 

季節の変わり目というのは、体の変わり目でもあります(`・ω・´)

冬の寒い時期の体から、春〜夏に向けての体を作り変える時でもあり、

体を作り変える」方に体力(元気)を奪われて、知らない間に

何となく疲れている事があります。春の異様な眠たさは、ここにも

原因があると言われています。

 

当院に通われている患者さんの多くが、初診時の症状が治った後も

メンテナンス」として1ヶ月〜3ヶ月に1度くらいのペースで

通われている事が多いです犬?

キツい症状が取れたとしても、日々の生活の中で疲れが溜まってきたり

体が強ばってきたりするのを、定期的にほぐす事によって、

大きな症状に繋がるのを防いでくれるからです犬?

 

また、定期的に診察する事によってその人の「体や心のクセ」が

分かってくると、「こういう時はこうしたら早く治りますよ」と

お伝えできたり、大きな症状になる前に治してしまう、いわゆる

未病」の段階で治療に入れるのが大きなメリットです。

 

痛くなってから駆け込むよりかは、前もって少しずつほぐしていく方が

治療も痛みも少なくて済みます。

体に心配を抱えている方、なかなか体調がスッキリしない方は、少しずつ

溜まった疲れや歪みが抜けず、背負い込んでいるような気がしますショック

 

当院の鍼やお灸は痛い所を刺すだけではなく、顔色や血色、お腹の具合、

問診や脈診によって、患者さんの体の状態を伺い、よりベストな状態へと

コンディションを維持するように働きかけます(`・ω・´)

 

何かしんどい・・という症状が続く方、少しでも毎日を楽に生活できる様

体のメンテナンス」を始めてみてはいかがでしょうか?犬?

 

 

 

*ひな はり灸治療院*

 

記事区切り
用紙bottom