ひな先生の日記

日々の健康について綴っています

タイトルイメージ
用紙top

「不妊治療」カテゴリー

このカテゴリーの記事を一覧表示しています

■不妊治療について3

 

子供と母

 

 

不妊治療にあたっての食事指導、当院では

「食べたいと思うものを、気持ちいいと思える分量まで食べる」

とお伝えしています。素直な身体の声を聞く練習ですね。

 

量をたくさん食べて、苦しくなるのもまた間違い。

お腹が満たされてちょうどいい、気持ちいいと思えるくらいに

食べる。これが一番、身体にいい食べ方だと私は思います。

 

そして妊娠するにあたって一番大切な事。

「ストレスから解放される」という事。これはとても難しい

です。その人にとって何がストレスかという問題もまた、

自分に聞く、自分の心の声を聞くという作業になります。

 

不妊治療をする時は仕事を辞めたほうがいいという意見もよく

聞かれます。これも私は人それぞれだと思うんですね。

家に一人でいて、ひたすらストイックに身体に良いと言われて

いる事を続けるのって、結構ストレスになるんですよ。

 

人と一緒に働いている方が楽しい、家で鬱々と子宮と向き

合っているのはツライという方には、私は仕事をしながら

不妊治療を勧めています。

 

しかし、帰宅時間が遅くなる、休みがない、肉体的にも

精神的にもツライ職場であるというなら、やはり辞めた方が

良いと思います。どちらが自分にとってストレスとなりうるのか。

これも自分の心に問わねばなりませんね。

 

昔、不妊治療に来られていた患者さんで、早く妊娠しなければ

いけない、仕事もやめた、基礎体温もつけている、排卵日は

確実にチェックしている、人工授精もした。ありとあらゆる事を

試しているが妊娠しないと、泣きながらに訴えていました。

 

子供さえできれば幸せになれる!子供ができない私には意味が

ないと思い詰めた結果、鬱病を発症し、妊娠どころではない

話になってしまったんですね。

 

治療を続けて約4ヶ月でしょうか。鬱病の診断が取れないまま

「私、もう諦める。離婚する。一人で生きていく!」とどこか

吹っ切ったように笑顔で話された、その1ヶ月後に妊娠したと

いう報告を聞いた時に、現代医学では未だ解決できない事が

あるのだと痛感しました。

 

と同時に、ストレスがいかに妊娠に悪影響を与えているのかも

思い知った次第です。その後、無事に元気なお子さんを出産。

今は育児で幸せなノイローゼ((笑))に追われているそうです。

 

当院では不妊治療は鍼灸だけではないと思っています。

自分の心と身体と向き合い、自分の本当の声を聞くという

大切な作業のようにも思えます。

 

妊娠できない事はある意味、自分と向き合う大切な時間を

与えてもらっているのではないか・・・とも思えるような

事が多々あります。

 

私は閉経するまで妊娠するチャンスはあると思っています。

(高齢ほどリスクが高いのは否めません。ただ、妊娠しないと

言いきれないと思います)それほどまでに、女性の身体は

柔軟で、変えたいと思えば変われるだけの強さを秘めています。

 

妊娠でお悩みの方、身近に悩んでいる方がいらっしゃる人。

ぜひ、ご相談くださいませ。

 

*ひなはり灸治療院*

 

 

記事区切り

■不妊治療について2

 

こうのとり

 

どうすれば妊娠しやすくなるのか。今回は当院が行っている治療に

ついてお話したいと思います。

 

身体をいい状態にする事」、これについては自分の身体の事を

よく知ることが大切です。

妊娠しにくい人はよく「身体が冷えている」と言いますが、

冷え性といっても色んなタイプがあります。身体全体が冷える人、

手足が冷えて顔はのぼせる人、腰周りが冷える人。

 

こういう人達は、それぞれ違った温め方があるんですね。

なので、「お風呂がいい!」と勧められて一生懸命お風呂に

入った結果、のぼせあがってめまいがしたり、逆に気分が悪く

なったり・・・。これでは良い状態の身体が作られているとは

言えません。

 

食事も一緒です。お肉はダメ、動物性脂肪はダメ、砂糖はダメ、

珈琲、紅茶はダメなどなど。こういう情報、結構多いんですよね。

食べる事が好きな方は、これだけでヘコんでしまいそうです。

 

しかも、我慢すればするほど結果は実る!という戦中の教えが

未だに残る日本では、これが妊娠とは逆方向に向かっている気が

してなりません。

 

この情報も本当に人それぞれ。それが良い人もいればダメな人も

いる。その体質を見極めずに鵜呑みにする危険さを知って下さい。

では、当院ではどういう指導をしているかといいますと、

 

食べたいものを、気持ちいいと思える分量まで食べる」。

 

です。身体の声って不思議なものでしてね。

今これが無性に食べたい。考えるだけでよだれが出る、お腹が

鳴るというのは本当に身体が欲しているものなのです。

(※ストレスで口だけが欲するような食べ方は逆ですよ)

 

これが身体にいいから食べる、この栄養が含まれているから

食べなくてはいけない、という考え方は、自分の身体から出る

素直な声を無視しています。それは逆に身体を傷つける結果に

なるんですね。

 

しかし、現代の人はどうしても頭でっかちになってしまって

身体の声を聞くという事を忘れてしまっています。

声の聞き方、その方法すら分からなくなっているんですね。

 

なので、当院では鍼灸で身体の巡りをよくする事はもちろん、

色々とお話をお聞きしながら、患者さんの生活環境から、身体が

発している声を患者さんに伝えてさしあげる事も治療の一つに

しています。

 

(長くなってきたので、明日にもうちょっと続きます。)

 

*ひな はり灸治療院*

 

 

 

 

記事区切り

■不妊治療について1

 

ひよこ

 

前回トピックスの方で、「妊活」について書きました。

当院でも不妊治療に力をいれており、鍼灸での不妊治療の効果を

是非みなさんに知って頂きたいと思います!

 

妊娠するには「ストレスから開放されること」と「身体がいい

状態であること」この2点がポイントだとお話しました。

私はどちらかと言えば、前者の方がより重要なのではと思います。

 

巷の情報でよく言われているのが「身体をいい状態にすること」

が多いですね。温めること、血の巡りをよくする事、お風呂に

入ること、バランスのいい食事をすること。確かにどれも

大切な事だと思います。

 

しかし、身体を温めようと思って半身浴をした結果、かえって

身体を壊す事もあります(そもそもお風呂に長く入るのが苦手な

体質の方もいます)。血の巡りをよくしようと、ジョギングを

始めてた結果、かえって疲れてしまい体調が悪くなった人。

 

どれも自分の本当の身体を知らないために、合わない方法で

身体を傷めてしまっているんですね。

そして「〜しないと妊娠できない!」といった強迫観念から

自分を追い詰めてしまい、逆にホルモンバランスが悪くなって

さらに妊娠しにくくなっている現状もあります。

 

当院で不妊治療に来られた方の大半は、とても真面目な方が

多いです。そして、お医者さんや言った事や雑誌に書いてある

事を全て実行して、へとへとになった方が多いように思いました。

 

では、どうすれば妊娠しやすくなるのか。

ちょっと長くなるので、明日の記事に続きます。

 

*ひな はり灸治療院*

 

 

 

記事区切り
用紙bottom