ひな先生の日記

日々の健康について綴っています

タイトルイメージ
用紙top 東洋医学の考え方に基づいた、日々の暮らし方や病気の治し方などを、イラストを交えて紹介していきます(*‘ω‘ *)

太っていました。

 

最近ちょっと体重いなぁーと思って久しぶりに体重計に

乗ってみましたら、北海道に来てからプラス4kg。

なかなかいい数字です。どおりで年々寒くないわけだ。

 

脂肪って温かいですよね。ありがたいのですが、いかんせん

自重が重いような気がするので、ちょっと何とかします。

 

食事制限、偏食ダイエット、サプリの類はしません。

ずばり、筋トレと運動です。食事関係に手を出すダイエットは

ストレスがたまって結果として暴食となり、あまりいい

結果が出ないですね。痩せたとしても血色が悪かったり

疲れやすくなったり。食事系ダイエットで痩せると

顔にシワやしみができやすくなりますよ。

 

体幹の筋肉を鍛え、代謝を高めるために体を冷やさず、

よく寝て、胃にちょうどいい分量を食べる。これだけで

その人が一番健康的に見える体になると思います。

 

しかしですね、この冬は雪かきという運動も少なかった

上に友人たちと飲み食いしてたのも敗因の一つ。

冬は動かなくなるのでダメですね。

 

敗因の一つ、「島田屋」というジンギスカン屋。

北24条店では「牛すじカレー」が名物だったり。

ここは安い上に美味しく、いつも食べすぎ傾向に・・。

 

securedownload-2

 

あと、この前患者さんから教えてもらったスープカレー屋。

「万屋 マイキー」。あまりに熱くオススメしてもらったので

行ってみましたが、スープカレーにコクがあって美味しい!!

 

securedownload-1

 

かなり私好みの味で、大通(ファクトリーの近く)に行ったら

ここに寄って帰りたいと思ってます。(私は辛さ0しか頼まない

ので、辛いバージョンの味は分かりません(笑))

 

ダイエットのために、これら美味しいものを我慢するなんて

「なんのために生きているのか?」と考えてしまいます。

体調良く、美味しいものを食べ、幸せに生きる。これぞ人生。

 

というわけで、道路の雪も溶ける頃ですし、筋トレして

美味しいもの食べますよっ!ステキな情報をお待ちしています。

 

*ひなはり灸治療院*

 

 

記事区切り

「春の養生」はがき風

 

最近よく寝ているからか、春だからか、

無駄に元気が余っています。余っている割に暇なので

こんなのを作ってみました。

 

IMG_0708

 

春の養生 はがき風」です。

よっぽど暇だったんだな・・と思ってもらって正解です。

忙しい時はブログもHPも放置状態なので、時間がある時

くらいはネット関係を充実させようと思ってます。

 

というわけで春の養生。睡眠不足が現代人の慢性病に

なりつつある昨今は、春先に調子を崩す人が多いですね。

本当は1年の中で一番活発に動ける時なのですが。

 

実は花粉症もアレルギーも、この春の陽気からくる

不調も手伝って発症する人が多いですね。なので

きちんと冬の間に陰の気を蓄えておけば、花粉症が

楽になる人も多いです。

 

私もその昔、注射をしないといけないくらい花粉症が

ひどかったのですが、ちゃんと寝ること、陰の気を

蓄えることなど、東洋医学的に養生をきちんとした

おかげで花粉症を発症しなくなりました。

 

北海道に来たことも功を奏しましたが、アレルギー

関係は意外と睡眠不足(陰の気不足)が多いような

気がします。

 

もっと色々と養生があるのですが、「ハガキ風」に

してしまったために、あまり多く書けませんでした・・。

次回は「てがみ風」にしたほうがよいでしょうかね。

 

当院の待合室掲示板に貼ってあるので、ぜひご一読

くださいませ。講座でも、こういったことをお話し

できればと思っています。

 

*ひなはり灸治療院*

 

記事区切り

自分の向き不向きを知る

 

IMG_0687

 

終わった!終わりました!!いやーツラかった!

毎年この時期は確定申告に泣かされています。

こういった数字の計算や領収書の仕分けといった

作業は本当に苦手です。

 

今年も少しお手伝いの方に入ってもらったのですが、

嬉々としてやっている姿を見ると、頭の中どーなって

んだと思ってしまいます。

 

「脈を診て体が分かる方がすごいわ」とも言われましたが

私にしたら、領収書を仕分けて電卓叩いて毎回同じ数字が

出るほうがすごいですね。なんで合うの!?と。もう数字

見てるだけで心が折れてしまいそうですから、私。

 

こう考えると人には向き不向きがありますね。教えても

いないのに整理整頓ができる人、できない人。電卓叩いて

心が折れる人、逆に生き生きする人、色々です。

 

できれば特に苦がなく仕事ができたほうが、そりゃ楽

ですよね。私は人と話す事が全く苦に

なりません。逆に苦行であるという人には接客業は

向いていないでしょう。

 

いろんなノウハウを教えてもらって出来るようになったと

しても、やはり楽しい又は苦にならないと思えないようでは

つらいだけです。私も、最近は何とか電卓叩いて計算できる

ようになったものの、毎年ツラくて涙が出そうになってます。

 

何が自分に向いているか、苦にならないのかというのは

やってみないと分からないですね。うちに来る子供たちにも

よく言っていますが、何が好きなのか何が嫌いなのか、よう

するに自分を知ってほしいと伝えます。

 

好き嫌いはいけません。何でもできるようになりなさい。は

昔の教え。現代のスタイルには合っていない所もある

気がします。複雑化したこの社会では、なんでもできるように

なるはとてもハードルが高く、逆に「なんにもできない」を

生むリスクがあるように思います。

 

できれば「向いている」「好きである」を伸ばしてやり、

「向いていない」「嫌いである」は社会生活に不都合のない

程度にできる程度でいいのではないかと、そう思います。

 

そういう意味で、自分の心の素直な反応を伸ばしていって

あげると、自分の好き、向いているが早いうちに分かるの

ではないかと。私が税理士なんかになった日には、1年と

経たず仕事を辞める自信がありますね。

 

何が好きなのか、嫌いなのか、向いているのか、向いて

いないのかは自分の心に問う作業です。子供に限らず

大人にも必要なこの問い。心の素直な声は体の声でもあり

自分らしく生きられる大切な「声」であります。

 

その声を聞き、それを伝えるのも私の役目でもあります。

時には聞きたくない事もあるかと思いますが、一生耳を

塞いでいては自分の声を聞けぬまま迷い苦しむことに

なります。そうならないためにも、治療と共に

カウンセリングが必要な人もいますね。

 

ご希望あればカウンセリングも受け付けています。治療と

並行することもできますし、治療はいらないのでカウンセ

リングだけでもOKです。人には話せない悩みや心の

声を出してもらうだけでも、スッキリするものですよ。

 

うちは個室ということもあり、皆思い思いのことを

話して帰られます。そして自分の心の声を知ります。

この作業を繰り返していくことが治療につながる人も

数多くいます。

 

とまぁ、とりとめない事を書いてみましたが、ようするに

自分の声を素直に聞こう。ということです。というわけで

私は確定申告が大嫌いです。でも頑張りました(笑)

 

*ひなはり灸治療院*

 

記事区切り
用紙bottom