ひな先生の日記

日々の健康について綴っています

タイトルイメージ
用紙top

「日記」カテゴリー

このカテゴリーの記事を一覧表示しています

季節の変わり目、お疲れですか

 

 

ゴールデンウィークの暑さからの気温の変化に

体調を崩されている方が多いですね。気温の差が

激しいために、毎日の服装や体温調節が難しい

この時期が「季節の変わり目」です。

 

朝晩の気温差に加え、日ごとに変わる気温や気圧は

体に大きく作用します。体を一定に保つために、

自律神経はフル活動。自分で意識せずとも毎日同じ

ように過ごせるのは、自律神経の働きのおかげです。

 

ただ、いつもより多く働いているこの神経も

もちろん疲れてきます。このため生じるのが

「自律神経失調症」。病院で測る数値には現れ

にくいために、なんとなくだるい、眠い、めまいが

するなどの症状が出ていても処方できる薬があまり

ないのが現状かもしれません。

 

そのため、体が疲れきっている時は簡単に感染症に

かかります。季節外れのインフルエンザ、アデノ

ウイルス、ヘルペス、水疱瘡などなど。

 

そういった時はまず抗生剤などの薬で菌を倒して

から、あとはゆっくり養生することが大切です。

薬を飲んでもすぐに回復しないのは、そもそも

体が疲れている証拠。高熱や痛みなどの症状が

治ったら、次は漢方や鍼灸での治療が早く治ります。

 

6月といえど、自分が寒いなと思ったらしっかり

体を温め、時には暖房をつける事も大切です。

弱っている時なんかは気温に関わらず寒気が

するのが当たり前。今年は気温の変動が激しく

調節が難しいとは思いますが、何かあればお気軽に

ご相談くださいませ。

 

*ひなはり灸治療院*

 

記事区切り

しましまくん

 

治療の際、膝上まで足を出してもらうのですが、

うちで貸し出しているズボンと、全く同じ柄の

組み合わせになって思わず記念撮影。

 

 

しばし爆笑の時間となりました。

 

*ひなはり灸治療院*

記事区切り

トミカデビュー

 

当院にはたくさんの子供たちが来院しています。

以前は女の子の比率が高かったのですが、最近は

男の子も増えてきたので、男の子向けの

おもちゃも導入することにしました。

 

最初はレゴにしようかなと考えていましたが、

車を買った時にもらったミニカーに、みんな

よく食いついていたので、男児の永遠の憧れ

らしい「トミカ」を揃えてみることにしました。

 

最初、7歳くらいまでの男の子が好きそうな車・・と

考えていましたが、みんな好みがバラバラそうだし

ここは自分がときめく物を買うのが正解だろうと。

 

で、無邪気におもちゃ屋で自分がカッコイイ!と思う

トミカを大人買い。あまり考えずに買ったために

こんなラインナップになりました。

 

 

普通の乗用車よりも、働く車にかっこよさを見出し

ました。救急車にトヨタver.と日産ver.があるのが

驚きましたね。これはトヨタver.です。JAFは何かと

お世話になることも多いだろうと思い購入。

 

 

真ん中のオレンジの車はどこで何に使われているのか

皆目検討もつかなかったですが、物凄いデカいの

だろうと思い一目惚れ。何気に「HITACHI」のロゴに

惚れました。一番手前は「現金輸送車」という言葉に

衝動買いでした。ALSOKなんですね。戦車もありました。

 

 

せめて普通の車も1つ・・という事で買ったのがこれ。

「ロータスヨーロッパ」です。ロータスのエリーゼ

という車が大好きなんですが、これも格好良いですね。

ランボルギーニカウンタックも欲しかったですが

売ってなくて残念。他にも色々あって楽しかったです。

 

男の子がいる家庭では、ほぼほぼトミカを持っている

との噂。他の子達はどんなトミカを持っているのか

興味津々です。これからも少しずつ増えていく予定です。

 

*ひなはり灸治療院*

記事区切り

居眠りスナフキン

 

今日は少し暖かいでしょうか。

最高気温がプラス2度もある!と喜べるあたり

だんだん感覚がおかしくなっている気もします。

 

さて、院内の掲示板を更新しました。

 

 

冬は体力を温存し、消耗をしないよう過ごすのが

正しい養生。春に向けてのエネルギーを蓄えないと

春の季節の変わり目に体調を崩すことになります。

 

寒い時は体が光熱費を上げて一生懸命体温を維持

しているようなもの。なのでいつもと同じように

過ごしていても、やたら眠い、疲れるといった

症状が出ます。怠けているのではなく、

それが自然な状態ですね。

 

なので、冬は多めに寝るのが正解。体が眠いと言って

いる素直な声を聞いてあげてください。それが風邪や

他の病気の予防になります。なんとなく体調がすぐれ

ないという方は、まず早く寝る事から始めてください。

 

病院ではなかなか治らない身体や心の様々な症状は

ちょっとした生活の改善で自然と治ることが多々あり

ます。打つ手なしと言われても諦めずご相談ください。

 

*ひなはり灸治療院*

 

記事区切り
用紙bottom