予約カレンダーご希望の日付をクリックして専用フォームよりお申込みいただけます

※ 現在、ご紹介以外の男性のご予約は承っておりません。ご了承くださいませ。
information

ひな先生の日記

日々の健康について綴っています

タイトルイメージ
用紙top 東洋医学の考え方に基づいた、日々の暮らし方や病気の治し方などを、イラストを交えて紹介していきます(*‘ω‘ *)

お腹を冷やさないために2

暑い日も束の間、まだ肌寒い日が続きそうですね。
ついいつものクセで窓を開けっぱなしに
していたり、半袖で出かけたりすると、
体が冷え、体調を崩します。

冷えて出るのは風邪ばかりではありません。
前回書いたような症状も冷えが原因の事があります。
外からの冷えと、冷たい物を摂りすぎの結果
お腹の中からも冷えることで、体調は大きく傾きます。

冷えを解消する方法は色々ありますね。
外から温める方法としては、具体的に言うと
「靴下・腹巻・上着を着る」「カイロを貼る」
「手首・足首、首回りを温める」「お灸をする」
「暖房をつける」などでしょうか。

手足が暖かくなるまで、寒いと感じなくなる
まで温めるのが大切です。急速に体を温めたい
時は荒治療ですが、布団乾燥機の中に布団と一緒に
潜り込むのがいいでしょうか。

夏でも冷えるという方は、自分が冷えると
感じる場所に、風が当たらないような工夫を
すると、少し改善されると思います。
(レッグウォーマーやアームウォーマー等)

次にお腹の中から温める方法です。
単純に温かい飲み物や食べ物がいいのですが
コーヒーよりは「生姜・くず湯」や
「紅茶・ほうじ茶」がオススメです。

飲食物は、薬膳的な効果でいうと、
胃の中に温かい状態で入っても、体への効能では
冷やす方に働く事もあります。

細かい分類があるので全部をご紹介するのは
難しいのですが、できるだけ火を通して
食べるのがコツになります。

注意が必要なものとしては「果物」
「アイス類」「生野菜」「夏野菜」などです。
口当たりは美味しいのですが、
体に入ると冷えやすい物が多いですね。

お腹が強い人は何を食べても平気ですが、
冷えに弱い人、冷えが体に溜まっている人は
冷飲食が引き金で症状を起こしやすくなります。

特に女性の生理痛やPMS、不妊、流産も
胃腸だけでなく、お腹周りの冷えも原因になる事が
多いですね。これらを治療・改善していく事で
様々な症状が変わっていくことと思います。

お腹を温める漢方もたくさんあります。
またいずれ紹介したいと思います。
ご質問などありましたら、お気軽に
お尋ね下さいませ。

*ひなはり灸治療院*

記事区切り

お腹を冷やさないために

ようやく札幌にも暖かい風が吹くようになりました。
ついつい冷たい物に手が伸びてしまう季節ですね。

東洋医学の世界では、お腹を冷やす事を嫌います。
単に下痢をするとか、お腹が痛くなるだけではなく、
さまざまな部分が痛くなったり不調を起こすのも、
この夏場の冷飲食に関係があると考えられています。

特に北海道は、昼間に暑くなっても、朝晩に
冷え込みますね。体の中と外で冷やすことによって
体の中に冷えがたまり、体の不調につながります。

冷えを感じていないというのも問題です。
「自分では冷えているとは感じなかった」という
声も多いですね。温めることで気や血が巡り、
症状が改善することも多いです。

冷飲食でよくある症状に腹痛や体の冷えが
挙げられますが、東洋医学的には以下の症状も
お腹の冷えに関係していると言われています。

胃もたれ、便秘、下痢、生理不順、関節の痛み、
筋肉の痙攣、お尻の痛み、白い痰、体のだるさ、
頭痛、腰痛、手足の冷え、頻尿、生理痛などなどなど。

冷えだけが原因ではありませんが、冷えが関係する
症状はたくさんあります。逆に、冷えに気を付ける
だけでも防げる症状はたくさんあるのです。

鍼やお灸は、ツボへの刺激やお灸などで
体を中から温める効果が認められています。
他にも、お腹を温める工夫をすることで
自身で健康を維持できると思います。

少し長くなってきましたので、次回は
お腹を冷やさない方法について
書いてみたいと思います。

*ひなはり灸治療院*


記事区切り

お待たせいたしました

長らく更新が滞っており、申し訳ありません。
新たな資格取得のため2年間の実務期間が終了し、
ひとまず診療の方を再開できる運びとなりました。

ご予約が取りにくい状況が長く続き、大変ご迷惑を
おかけ致しました。以前と変わり、しばらくの間は
「火曜」「水曜」「木曜」を定休日とさせて頂く予定です。

新型コロナウイルス対策に関しましては、当院では
強力な換気システムや、完全予約制により人が蜜になる
事はございませんのでご安心ください。院内や設備の消毒も
以前にも増して徹底しております。

長びくコロナ対策への不安や、めまぐるしく変化する
環境への疲弊を耳にします。お疲れの体や心の治療に
お役に立てればと思っております。お気軽にご連絡くださいませ。

*ひなはり灸治療院*

記事区切り

少しでも体と心を良い方向へ

  

フラワーアレンジ、菊、院内風景

       

新学期が始まる時期でしょうか。
毎日バタバタして忙しいー!という声も耳にしますが
お疲れ出ていませんか。季節の変わり目にもあたる
この期間は自律神経が疲れやすい時でもあります。

           

いわゆる「不定愁訴」というのは、病院では原因がなかなか
特定されない厄介な症状たち。自律神経では死なないなどと
揶揄する声もありますが、その症状は不快で、放っておくと
怖い病気の芽になったり、鬱やパニックなどの深い病気に
陥りやすい気がします。

     

病院はいわゆる警察と同じく、症状が出てからしか対応
できない事が多いですね。事件になるまで様子を見ましょう
的な感じでしょうか。できる事なら、病気になる前に対処して
事が大きくなる前に治したいと誰しもが思うはずです。

     

鍼灸にも様々な流派のようなものがあり、スポーツ界に於いて
筋肉をほぐすようなものや、昔ながらの東洋医学に根ざした
全身治療など、現代医学と違い、様々なやり方があります。

      

かかりつけの病院を持つことも大事ですが、日頃のメンテナンス
をするように、体をほぐしたり心の相談ができる場所を
作ることも大事なような気がします。同じ症状でも違う
観点から見ることで解決策が出る事も多々ありますから。

               

薬をできるだけ飲みたくない、自分でできる範囲で病気を
克服したいという方は東洋医学での養生方法をおすすめします。
精進料理を食べ続ける・・なんてものではなく、もっと自然に
体にとって楽にできる方法がたくさんあります。

     

患者さん一人一人の生活が違うように、
その人に合った養生や健康法があります。人の真似をするのでは
なく、自分にあったものを知って頂ければと思います。

      

自分の体や健康、心の悩み、子育て、持病、痛みなど
いろいろな症状や思いを抱えて苦しんでいる方。
それらを少しでも軽くするお手伝いが出来れば幸いです。

   

*ひなはり灸治療院*

   

記事区切り
用紙bottom